続く韓国有名人の自殺 問われる「なぜ生きる」

5月 20th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?僕の意見

韓国有名人の自殺が相次いでいます。

自宅マンションで5月23日に飛び降り自殺したアナウンサー、ソン・ジソンさん(29)。
5月27日には、人気ボーカルグループ「sg WANNA BE+」の元メンバー、チェ・ドンハさん(29)。
5月30日には、元Kリーガーの鄭鐘寛(チョン・ジョングァン)選手が自ら命を絶った。

事情は、それぞれあるにしても、お隣韓国での有名人の相次ぐ自殺に、日本でも衝撃が走っている。

自殺の原因について、うつであったこと、人間関係のトラブル、仕事がうまくいかない、など、いろいろと報じられますが、それらはすべて、表面的なことであって、根本原因ではありません。

問題の根底にあるのは、「なぜ苦しくとも自殺してはいけないのか」、この問いに対する答えがハッキリしていないことがあげられます。
大切な人を失い、「なぜ死んでしまったの」「どうか死なないで」「命を大切に」「生きていればいいことがあるから」と、メッセージが投げかけられますが、自ら命を絶った人たちも、かつて、そのように訴えた一人だったかもしれません。

苦しみの余り、自ら命を絶とうとする人に、このような言葉を投げかければ、きっと問い返されるでしょう。

「なぜ死んではいけないの?」
「どうして命は大切なの?」
「いいことって何?」

これを自らに問うた時、ハッキリと答えられる人がいるでしょうか?

「なぜ生きる」

すべての人にとって、これ以上、重要な問いはありません。
この問いに、受け売りの知識も、代弁も許されないのです。
あなたは、なぜ生きる?

Copyright © なぜ生きる?人間 All Rights Reserved.