なぜ生きる?僕の理由

4月 28th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?僕の意見

なぜ生きるのかということについて、楽しみや目的によって理由は人それぞれだと僕はいいました。
では僕の場合はどうなのでしょう。
ここから先は、単なる一例として読んでいただけると幸いです。

数年前、僕はワーカーホリックでした。
仕事が生き甲斐で毎日をそのために費やしていたのですが、忙しさも半端なく、体調を崩すこともありましたし、あわや事故にということもしばしばありました。
仕事さえできれば、自分の身の回りのことはどうでもいいとさえ考えていたのです。

その考えが変わったのは結婚が決まってからです。
結婚準備を進めながら、仕事もそれまでどおり(結婚資金を稼ぐためにも)頑張っていたのですが、彼女からは頑張りすぎるなと通達されたのです。
彼女いわく、これは心配しての言葉ではなく、命令だと。
結婚のためだと仕事を頑張りすぎて、体調を崩したり事故に遭うなどして、もし命を落としてしまっては結婚どころではない、本末転倒だというのです。
いや、まさしくそのとおりです。
その日以来、僕は自分の身体のことも気を遣うようになりました(でも仕事は頑張りました)

そんな僕も今では二児の父親。
二人の子供と妻を養っていくために仕事を頑張っています。
もちろん、今でも身体のことを気遣っていますよ。
稼ぎ手である僕がいないと妻と子どもは路頭に迷ってしまいますからね。
それが、僕が今を生きる理由です。

考えてみれば、ごくこく平凡な理由です。
これと同じことを理由にしている人は、きっと僕以外にも大勢いることでしょう。
なぜ生きるか、それってきっとそんなに難しいことじゃないんだと思うんです。

Copyright © なぜ生きる?人間 All Rights Reserved.