10月 23rd
Posted by ポン太  as なぜ生きる?一般論

自殺の問題は深刻です。

まさに「なぜ生きる」の答えが見つからず、

自らの命を絶ってしまったのでしょう。

日本では、毎年3万人以上の人が自殺をしており

大変問題になっておりますが、実際は、もっと多いと

言われています。
例えば、WHOの基準では変死の半分を自殺としてを精査

していますが、日本の自殺の基準では変死は自殺者数には

含まれていません。

変死者は毎年14万人くらいいると言われているので、

その半分の7万を加えると、年間10万人が自殺という

とんでもない数になります。

「なぜ生きる」がいかにおおきな問題か、知らされる

ばかりです。

親鸞会では「なぜ生きる」について、詳しく話しが

なされているようです。

Comments are off
9月 30th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?ドラマ、本など

人気作家 石田衣良原作、吉高由里子主演のドラマ「美丘-君がいた日々-」のキャッチコピーは「生きていることは奇跡。わたしだけが気づいてるんだ。」でした。
このドラマの中で、こんな場面がありました。
体調が悪化した美丘は高梨という医者に対して叫びます。

「もう想い出も作れないんだ」

「これからちょっとずつ死んでいくだけなんだよう!」

「先生にとって私は大勢の患者の中の一人。
 私の命が一つ無くなったって、どうってことないんでしょう!」
翌朝、少し落ち着きを取り直した美丘は高梨に語りかけます。

「笑っちゃうよね、病気のことなんか覚悟してたつもりなのに、
 あんな大騒ぎしちゃって」

「私が生まれてきた意味なんかあるのかなぁ。
 周りのみんなに悲しませて迷惑もかけっぱなしで、
 皆に恩返しもできないまま死んじゃうんだよ
 ・・ハァ・・私が生まれてきた意味なんかあるのかなぁ。」
ため息と共に繰り返される

「私が生まれてきた意味なんかあるのかなぁ。」

の言葉。
「どうせ死ぬのになぜ生きる?」

非常に重い言葉ですね。

「なぜ生きる」

短い言葉ですけど、これ以上大事なことはないのでは?

Comments are off
8月 5th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?一般論

人生の目的とは、なんのために生まれてきたのか、
なんのために生きているのか
なぜ苦しくても生きていかねばならないのか、
平たい言葉でいえば「なぜ生きる」ということです。

世の中の娘が嫁と花咲いて、
かかあとしぼんで、婆と散りゆく(一休)

娘とは、女へんに「良い」と書きます。
一番いい時代ですね。
とつぐと、嫁といわれるようになります。
子供が出来ると鼻たかくなるので、女へんに鼻と
かいて「かかあ」と読むのだそうです。
年を重ねると、身体にシワがよるので、
「婆」は女性の上に、波とかくのだそうです。

そうやって成長していって、どこへいくのか、
「散りゆく」とありますように、最後は死んで
いかねばなりません。

生まれて、年をとって、死んでいく。
こんな人生「なぜ生きる」と考えずにはいられません。

その答えが親鸞聖人の教えにあるのだと、親鸞会のお話
で聞かせてもらいました。

Comments are off
7月 29th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?一般論

経済大国日本は、自殺大国でもあります。

その推移を見てみますと以下のようになっています。

平成 9年 24391名

平成10年 32863名

平成11年 33048名

平成12年 31957名

平成13年 31042名

平成14年 32143名

平成15年 34427名

平成16年 32325名

平成17年 32552名

平成18年 32155名

平成19年 33093名

平成20年 32249名

平成21年 32753名

 

実に12年、年間自殺が日本だけで3万人を越えています。

12年(平成10年から21年)で実に390607名の人が自殺で

亡くなっています。未遂はその10倍はいるとも言われます。

「苦しい人生、なぜ生きる?」

これほど深刻で大切な問いはあるでしょうか?

 

 

 

参考資料:警察庁発表 自殺者数の統計
http://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm

Comments are off
6月 8th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?仏教の教え

 「なぜ生きる」芥川賞作家・柳美里
芥川賞作家・柳美里(ゆう・みり)に『自殺』という本に

「なぜ生きる」という問題が扱われています。

この本には、こう書かれていました。

「私なんかよりもっと上の年齢のひとたちは、
 なぜひとは生きるか、なぜひとは死ぬのかなんて、
 友だち同士で語り合うのがどく普通だったんですよね。
 どうしてしなくなっちゃたんだろう。

 それが悪いとはいわないけれども、たとえばファッションの
 話とか、いい化粧品が出たとか、どこそこのレストランは
 5つ星だとかいう話ばかりしているのは問題だと思うんです」p89
「テネシー・ウイリアムズは、
 『書きたいことは一つだ。
  ひとはなぜ生きて、
  なぜ死ぬのかという、
  それしか書いていない』

 といっているんだけれども、私もそうなんですね」p93

「この前『アンアン』の編集部のひとと話したら、最近、
 『あれだけ完売を誇っていたファッション特集、化粧特集、
  髪型特集が売れない』と嘆いてた。
 メンタルなテーマ、たとえば友だちがほしいとか、愛情
 とは何だ、恋人とは何だというのが売れるんですって。
 もう一歩で哲学でしょう。
 そのうち『アンアン』で『なぜ生きるのか』という特集を
 やるんじゃないかなと思っているんです(笑)」 p100
『なぜ生きる』という言葉が連発です。

親鸞会の人が「なぜ生きる」という以上の問題はない、
と話していたので、聞きにいきたいと思います。

Comments are off
5月 5th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?一般論

人は「どう生きる」は考えても「なぜ生きる」を考えません。

しかし、それはおかしなことではないでしょうか?
走ることにたとえれば、

「どう生きる」は走り方です。

「なぜ生きる」は走っていく目的地です。

目的地もなく、走るために走っていたらどうなる
でしょう?

走りだおれあるだけです。

歩くことに例えれば、歩きだおれ。

飛ぶことに例えれば、墜落。

泳ぐことに例えれば、ドザエモンになるだけです。
いかに目的が大事か、知らされるばかりです。

Comments are off
4月 5th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?一般論

人は「どう生きる」は考えても「なぜ生きる」を考えません。

しかし、それはおかしなことではないでしょうか?

「どう生きる」は手段です。

「なぜ生きる」は目的です。

目的を考えず、手段だけ考えたらどうなるでしょう?

机上の空論です。

手段のための手段はナンセンスです。

手段をいかすも殺すも、その目的にあるのです。
「どう生きる」の前に「なぜ生きる」があるのです。

Comments are off
3月 25th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?一般論

「なぜ生きる」
「なぜ死んではならないのか」
「なぜ人を殺してはいけないのか」
「なぜ人命は尊厳なのか」
「なぜ人の命は地球より重いといわれるのか」
根っこは同じ問題です。

「なぜ?」

この問いを自己に発するところから、すべては
始まるのではないでしょうか?

Comments are off
2月 1st
Posted by ポン太  as なぜ生きる?仏教の教え

ゆずの『虹』という曲が考えさせられます。

 

暗闇の中で泣いてたんだね

希望を乗せ空に響け

乾いた大地 踏みしめる ホコリまみれのBoots

与えられてきた 使命(いのち) 取り戻すのさRoots

  お釈迦さまの有名な言葉に

  「天上天下唯我独尊」

 といわれるものがあります。

なんとなく、「俺だけが偉い!」って意味にとられがちですが、

本来の意味は

 

  この大宇宙(天上天下)で、ただ我々人間だけが
  たった一つの尊い使命、いわゆる人生の目的(独尊)をもっている
  ということ。

  「生命は尊厳」といわれるけれど、それは尊厳な使命(目的)が
  あるから

越えて 越えて 越えて

越えて 越えて 越えて

流した涙はいつしか

一筋の光に変わる

虹色の明日へ続く・・・

雨上がりの空に そっと架かる虹の橋

雨上がりの空に そっと架かる虹の橋

 

「なぜ生きる」という本には、こんな言葉が出てきます。


  「生きる目的を達成すれば流した涙の一滴一滴が
   真珠の玉となってその手にかえる」

    (『なぜ生きる』高森顕徹先生)

目的がいかに大切か、そして素晴らしいかということですね。

親鸞会では親鸞聖人の教えを通してこういった内容が話されているようですね。

Comments are off
1月 5th
Posted by ポン太  as なぜ生きる?一般論

 

「哲学は驚嘆にはじまる」
といわれますが、
「人はなぜ生きるのか」この驚嘆こそが、
真に驚嘆すべきことでしょう。
生きるのは楽なことではありません。
生きていれば、いろいろ苦しいことが
あります。

そんな人生、なぜ生きる?

これほど深刻で大切な問題はないでしょう。

Comments are off

Copyright © なぜ生きる?人間 All Rights Reserved.